化粧水をつける時、手のひらでつける人と、コットンを使う人に分かれると思います。
一体どちらのつけ方が、お肌にとって良いのでしょうか。
まず手を使う場合、人肌で化粧水が温められるので浸透力が高まる・コットンと比べると刺激が少ないなどのメリットがあります。
また直接肌に触れることで、自分の肌の状態を自然とチェックすることができ、化粧水の量やつけ方の調整もしやすいです。
反面、均一につけるのが難しいというデメリットもあります。
コットンの場合は、均一に馴染ませやすく、直接顔に触れないので衛生的にも安心というメリットがありますが、使い方を誤ると、肌に余計な負担をかけてしまいます。
消耗品だからと安価で低品質なコットンを使い続けていると、知らない間に肌へのダメージが蓄積していってしまいます。
つまり、どちらの方法にもメリット・デメリットは存在するので、使う人の肌質や化粧水の種類によって「どちらが良いか」の答えは変わってくるといえます。
同じ人でも、その日の状態によって切り替えた方が良い場合もあります。
毎日のスキンケアは大切ですが、誤った方法で続けるくらいなら、何もしない方がマシともいえます。
正しい認識を持って、毎日のスキンケアの効果を最大限に高めましょう!

詳しくはこちらも参考にしてください⇒化粧水 付け方

関連記事


    20代後半になり、今のままのスキンケアで満足していますか? 20歳も半分を過ぎてくると、毛穴の目立ち、くすみや乾燥など、肌トラブルが増えてきますね。 肌のケアをしっかり行っていないと、30歳40歳にな…


    アルケミーの化粧品は、話題の酵母発酵エキスの入っている発酵コスメです。 発酵コスメとは素材が持っている発酵成分を抽出して作られています。 その成分が発酵する事によって美容成分が増えたり、キメを整えたり…


    化粧水や美容液に含まれるセラミドは、本来人間が体内に持つものであるということはご存知でしょうか? したがって、思ってもみなかった副作用が発生することもあまり考えらませんので、敏感肌でお悩みの方も使って…


    赤ら顔の悩みは女性だけでなく、男性でも悩む人のいるもので、きちんとした対処法を行っていない人も多いです。 赤ら顔の原因はいろいろなものがあるので、特定はできませんが、赤ら顔の原因として血液の赤みなのか…


    間違ったスキンケアをいつまでも継続して行くようだと、 肌内部の保湿力が落ちることになり、敏感肌になることが想定されます。 セラミド成分が入っているスキンケア製品を使うようにして、 肌の保湿力を上げるこ…