肌のターンオーバーの周期が年齢を重ねるにつれて長くなることは、シミ対策のための医薬品が長期間の服用が必要になることにも関係しています。
これは、同じシミ対策できるロスミンローヤルにも言えます。
肌のトラブルの一種であるシミやしわは、表面の肌にいきなり発生することが無く、体内から肌に伝わって起こる肌のトラブルです。
これは、ターンオーバーの周期の乱れによって引き起こされています。
まず、ターンオーバーの周期が早まれば未熟な状態の細胞が肌の角質層に出てしまうので、ダメージを受けやすくなります。
これによって、シミができやすくなります。シミができたからといって、すぐにロスミンローヤルを飲んでもシミをすぐに取り除くことができません。
また、ターンオーバーの周期が遅くなると、自然に剥がれるはずの肌の古い角質が残るので、そのまま蓄積されます。
古い角質が残ることで肌の表面を覆ってしまうことにより、濃いシミやしわができやすくなります。
なので、年齢を重ねるにつれてシミやしわを薄くするのに時間がかかるのは、濃いシミやしわができやすくなっている肌の状態になってしまうからです。
肌の状態を治さないと、いくらロスミンローヤルを服用しても効かないです。
ロスミンローヤルを濃いシミやしわを薄くするために服用すると、効果が現れるまでにかなりの期間が必要になります。
つまり、短期間でシミを薄くする効果を持たないロスミンローヤルは、短期間で濃いシミを薄くする効果も持ちません。

ロスミンローヤルについて、私が参考にしたのはここです⇒ロスミンローヤル 効かない

関連記事