痩せている人の中には、いくら食べても太らないので痩せがちという人がいます。

なぜなら、食べていても太れないのは、胃や腸の働きが低下しているからです。

胃や腸といった消化機能は、胃下垂やストレスの影響により消化機能に負担がくるので、消化力が弱まります。

そして、胃や腸の消化力が弱まることで、食べ物を分解する力も低下するので栄養として吸収されにくくなります。

その結果、栄養として働いていない食べ物は、殆ど分解されないまま不要物として排出されることになります。

また、消化機能の低下は唾液の分泌量も大きく関係しています。

食べ物の消化を助けるアミラーゼが唾液に含まれていますが、噛む回数が少なくなると唾液の分泌量が少なくなります。

そのため、食事中にあまり噛まなかったり、水分を大量摂取すると消化機能が働きにくくなります。

ちなみに、食べ物を飲み物で流すようにして取り入れることでも、唾液がまともに分泌されません。

詳しい情報はここ⇒プルエル 口コミ

他にも、歯並びが悪いと食べ物を噛みにくいので、唾液が分泌されにくくなります。

しかし、プルエルには7つの酵素と7つの漢方が含まれているので、胃や腸の働きが低下している状態でも食べ物の消化と吸収を手助けしてくれます。

サプリメントであるプルエルを飲むことで、消化力が弱くても食べ物を栄養として吸収しやすくなります。

プルエルを食後に飲むことにより、胃や腸といった消化機能を手助けするので、食べることで太れる体質になることができます。

関連記事