大人も子供も夏に帽子は必要なアイテム

帽子は時期に関係なくおしゃれアイテムとして取り入れる方も多くいます。
そして、夏もおしゃれ兼紫外線対策として大活躍します。

また、太陽光を直接頭に浴びずに済むため体温の上昇を抑えられます。
帽子は熱中症対策にもなるのです。

特に、お子さんは体温調節が大人より上手にできません。
紫外線対策としても、肌が弱くて日焼け止めが塗れない子や、毎回日焼け止めを塗るのに抵抗がある場合には帽子がオススメです。

春先くらいから夏のように暑くなる日もありますし、春の紫外線はかなり多いので、お外遊びの際には帽子は必須アイテムです。

紫外線をカットする色ってあるの?

紫外線透過率といって、白は紫外線を通しやすく黒は通しにくい、というデータがあります。

そのため、「黒は日焼けしずらい」なんて話をきくこともあります。

これをきくと黒とか濃いめのものを選んだ方が良いのかと思いますが、UVケアだけを考えるならそうなります。

しかし、熱中症対策を考えると黒は選ぶべきではありません。
黒や黒に近い濃いめの色は太陽光を集めてしまい、熱を溜め込んでしまいます。

帽子が熱くなれば頭も熱くなり、帽子の中に熱がこもってしまいます。
これだと熱中症対策にはなりません。

特にお子さんの場合や外に長い時間いる場合には、色は黒以外のものを選ぶべきです。

薄い色でもUVカット加工がされていれば紫外線対策できます。
ただ、素材自体に加工がされているものを選んでください。
中には紫外線吸収剤を使って加工しているものもありますが、これだと洗濯するうちに効果がなくなります。
「セラミック」と書いてあるかどうかを確認しましょう。

また、ハットタイプのように周りにツバがついたタイプだと首の日焼け対策と熱中症対策にもなります。

こちらにも詳しく書いてあるので参考にしてください
⇒ よみうりランドプール 日焼け止め 禁止

関連記事