赤ら顔の悩みは女性だけでなく、男性でも悩む人のいるもので、きちんとした対処法を行っていない人も多いです。

赤ら顔の原因はいろいろなものがあるので、特定はできませんが、赤ら顔の原因として血液の赤みなのか皮膚の赤みなのかを知ることが大事です。

血液による赤みで顔が赤くなる場合、血管が広がり赤血球が通る量が増えるため顔が赤く見えます。血管が広がるのは気温差がある時、緊張している時があります。

また血流が悪い時に血管が広がる時も広がった部分の血管に多く赤血球が集まるのでその部分が赤くなります。よって血流を良くすることで赤みを抑えることができます。

皮膚が赤くなって赤ら顔になるのは肌が荒れて炎症した部分が赤く見えるからです。敏感肌の人は肌のバリア機能が低下してちょっとした刺激でも反応しやすい肌になっているので、常に肌がさらされる顔は荒れやすく、赤くなりやすいです。

またニキビも炎症を起こして赤く腫れ、皮膚が盛り上がっているために顔が赤く見えてしまいます。

赤ら顔を改善するためには顔の赤みが血液によるものなのか、肌の赤みによるものなのかを判断し、適切に対処していくことが重要です。

しろ彩は血液の赤みによる血管の拡張を調整する成分や肌のバリア機能を回復させてしっかり肌を保湿してくれる成分が入っているので、どちらの赤ら顔にも対応できる化粧水となっています。

男性でも女性でも赤ら顔に悩んでいる場合、適切に対処できるしろ彩を使ってみるのも選択肢の一つです。

bath-balls

参考⇒しろ彩 男性

関連記事