外壁塗装をするタイミングは建物を建てて10年経過した時に施工するのが良いでしょう。
その後、およそ10年サイクルで外壁塗装していくことで、より長く建物を使うことができます。
では、10年たっていなければ、外壁塗装しなくても良いのでしょうか?
タイミングとしては必要ないのですが、もし以下に挙げるサインが建物にあるようであれば、10年たっていなくても外壁塗装を施工しましょう。
ひび割れ
見栄えも雰囲気も心配だと思います。
建てて間もないようであれば、ご自身でひび割れを埋めるのも良いと思います。
ただし10年経過しているようであれば、ひび割れから雨水が入り劣化している可能性があるので、外壁塗装を施工しましょう
剥がれ
塗装は、建物の一番外側で、紫外線や風雨から守っています。
この塗装が剥がれるということは、雨水の引き込み口となってしまいます。
錆び始めることもありますので、早めに外壁塗装しましょう。
チョーキング
家の壁を触った時、チョークの粉のようなものが指につく状態です。
日当たりの良い南面から発生しやすくなります。
即外壁塗装を施工するサインではありませんが、そのうちしなくてはいけないかなぁと検討していただきたいと思います。
ハウスメーカーが、点検時にそろそろ外壁塗装外壁塗装必要ですと急に言われて慌てふためくのではなく、ある程度自身で確認し、必要な時に慌てず施工できるよう、普段から建物を確認しておくと良いですね。
こちらに詳しく外壁塗装のタイミングとサインについて書いてあるので参考にしてください。⇒外壁塗装 タイミング サイン

関連記事